単独のバイク保険

バイク保険には自動車保険の特約になっているファミリーバイク特約と、単独で加入できるバイク保険の二種類がありますが、単独でバイク保険に入る場合には車の保険を選ぶ際と少し違った点がありますから気をつけなければいけません。自動車保険の車両保険には、盗難補償がありますが、バイク保険の車両保険には盗難補償がありませんからその点は注意して、盗難にあってもバイク保険の車両保険だけをかけていても無理だということを覚えておきましょう。

そして搭乗者傷害補償保険や人身傷害補償保険のかけるバランスはよく考えましょう。事故が起こってしまったときの万が一に備えてバイク保険に入るわけですが、バランスが悪いとは言っている意味がないと思いますから、よく考えたうえで保障をつけるようにしましょう。

他人にバイクを貸す可能性があるという人の場合にも十分に保障をつけておく必要があります。バイク保険に単独で加入するという場合には、バイクの大きさや種類、使用目的によって色々と保険がありますから補償のバランスを考えて加入すると単独でのバイク保険も便利で安心なものになります。

ファイミリーバイク特約と違って、単独のバイク保険は、よく検討したうえで加入するようにしましょう

選ばれているバイク保険

今選ばれているバイク保険が何なのか知りたい人も多いのではないでしょうか。今選ばれているバイク保険として有名なのが三井住友海上のバイク保険です。三井住友海上のバイク保険はとてもわかりやすくてシンプルな補償の内容になっていて、手続きも簡単なことでも知られています。電話で見積もりができるというのもうれしいですね。

次に選ばれているバイク保険としては、富士火災のバイク保険があります。こちらは人身傷害補償をつけることができるバイク保険で、搭乗者傷害の保険金においては、日額払いしてもらえるというのがうれしいですね。
そして外資系のバイク保険も今選ばれている保険の中に入っています。アクサダイレクトのバイク保険は選ばれているバイク保険の一つではないでしょうか。

アクサダイレクトのバイク保険はリスク細分型のバイク保険でも知られていますが、他にも特徴があり、弁護士費用特約をつけることも可能ですし、ロードサービスもかなり充実していることから選ばれているバイク保険の一つです。
このように、選ばれているバイク保険は三井住友海上、富士火災、アクサダイレクトとなっていますから、それぞれの特徴を生かして選ぶといいかもしれませんね。

バイク保険の選び方

バイク保険を選ぶ際の選び方ですが、いろいろな選び方があると思います。たとえばバイク保険をサービスで選ぶという人もいるのではないでしょうか。バイク保険をサービスで選ぶというのは、事故をしてしまった場合や故障の時に無料でロードサービスをしてくれる保険会社を選ぶというのがいいですね。

そしてバイク保険を選ぶ際には補償で選ぶという方法があります。バイク保険の補償は色々とあり、他の人のバイクを借りていて事故にあっても保障が適用されたり、人身傷害補償特約が付けられるバイク保険などもありますから、バイク保険を選ぶ際には補償内容をしっかりとみたうえで加入するといいでしょう。

バイク保険を選ぶ際には割引で選ぶという人も中に入るのではないでしょうか。最近はインターネットからバイク保険に加入する人が多いのですが、バイク保険に加入する際に、インターネットから加入すればかなり割引されるとも言われています。

バイク保険を選ぶ際には、このように、いろいろと選ぶ基準がありますから、どれも大切なことではありますから、バイク保険を選ぶ際には、十分頭に入れておいて、バイク保険を選ぶようにするといいのではないでしょうか。バイク保険の比較の参考にしてください。

バイク保険と交通事故

バイク保険と交通事故についてですが、バイク保険に入っている目的としてはバイクによる交通事故の際の補償を充実させるために加入していることが多いと思います。

バイク保険を一番よく使う理由がやはりバイクでの交通事故です。バイク保険が適用される事故として一番多いといわれているのが、直進しているバイクと、追い越して左折しようとした車の交通事故が多いといわれています。

簡単にいえば、左折車に巻き込まれてバイクの人が怪我をするという事故ですね。この場合の過失割合は、バイクが1で自動車が9ということになります。これは一般的なことですから、バイクと自動車の過失の割合は、もしかすると事故のケースによっては違っているかもしれません。

バイクで事故を起こしてしまった場合でも、事故に巻き込まれてしまった場合でも、もともとバイクの自賠責保険には加入していますから、自賠責保険を利用すればいいのですが、自賠責保険は限度が低めに設定されていますから、ほとんどの場合が自賠責保険だけでは補いきれないといわれています。ですからバイクの自賠責保険だけで補えなかった交通事故にかかった費用などを補うためにバイク保険の任意保険に入る必要があります。

バイク保険の適応外

バイク保険にはすべてが保険に適応するという事故ばかりがあるとは限りません。バイク保険が適用されない場合もありますから覚えておきましょう。たとえば、当たり前のことなのですが、飲酒運転をして事故を起こしたとか、無免許運転をして事故を起こしたという場合には、バイク保険の適応にはなりません。被害者を保護するための保険は適用になったとしても、自分に対してのバイク保険は一切おりません。

そしてバイク保険が適応にならないケースとしてバイクを改造している場合です。改造の具合にもよりますが、ほとんどのケースでバイク保険は適用されませんから、改造バイクでバイク保険をかけている場合にはあらかじめ適用されるか確認しておいた方がいいかもしれません。

バイク保険が適用にならないケースには他にも、当たり前ではあるのですが、バイク保険料を支払っていない場合があります。バイク保険のほかの保険も同じなのですが、もしも保険を支払い忘れた場合には、二回分一緒に引き落とされることになりますが、それでも支払われていない場合には保険の契約が中断されて保険は利用できない事態になりますから注意しましょう。

バイク保険が適用されないケースはほかにも、自分のバイクで自分の家の塀を壊したときなども保険はおりません。

バイク保険の年齢制限

バイク保険の年齢制限についてですが、バイク保険の保険料を少しでも安くしたいと思っている人は、バイク保険の年齢制限を設定すればいいのではないでしょうか。バイク保険には年齢制限が設定できるようになっています。全年齢というのはすべての年齢に対してバイク保険が保証対象になるということになりますが、この全年齢が一番バイク保険の保険料が高いことになります。

ではバイク保険の年齢制限で30歳以上と限定した場合には、これは一番安くなるバイク保険の年齢制限です。この二つの保険料を比べてみた時には、保険会社によっては保険料が3倍以上変わってくるということもあります。

バイク保険を使う可能性が高いということはバイク事故を起こしやすい、つまり若い世代になれば事故を起こしやすいことになりますから、若い世代のバイク保険の保険料は高めに設定されているのです。ですからバイク保険の保険料を少しでも安くしたいと思っている人の場合には、バイク保険の年齢制限設定を行って、高めに設定しておけばバイク保険料はかなり安くなると思います。

バイク保険の年齢制限は、車の自動車保険にと同じ仕組みになっていますから、若ければ若いほど保険料が高いということになります。

バイク保険の割引

バイク保険には利用者によって割引が適用されるというケースもあります。バイク保険の割引を特約と一緒に使いこなすことができれば、もっとバイク保険の補償内容は充実できますし、しかも保険料が安くなるというメリットがあります。

バイク保険の割引としては、たとえば安全装備がある場合には、割引が行われたり、安全な運転手だった場合には割引があります。また運転する人が家族だけと限定した場合にも割引はありますし、年間走行距離が少ない人もバイク保険の割引の対象になるといわれています。

バイク保険の特約にもいろいろと種類がありますから、割引や特約を上手に組み合わせてバイク保険につけることでさらに保険料を安く、しかも充実した保険内容でバイク保険に加入することができます。

バイク保険の割引の種類や特約の種類というのは保険会社によって違っているのですが、自分にあったプランで加入するためにも、保険会社に見積もりをだしてもらって、そのうえで割引がどうなっているのか、特約をどうするのか検討してバイク保険に加入するようにすれば、さらにかしこく、お得にバイク保険に加入することができるのではないでしょうか。バイク保険の割りびきは最大限利用しましょう。

バイク保険の変更や解約

バイク保険の変更や解約について紹介していきたいと思います。今バイク保険に入っていて、他のバイク保険に変えようかと思っている人もいるかもしれません。バイク保険の変更手続きをすれば、変更することも十分可能です。手続きをする場合には、今バイク保険に入っている保険証を用意してから新しい保険会社に先に連絡をします。先に新しい方へ連絡しておかなくては、保険をいったん解約することになりますから、その間に万が一事故などを起こした場合には保険に入っていない状態になりますからとても危険です。

バイク保険の変更の際には新しいバイク保険会社に今の契約内容を伝えて新しく加入します。もしもバイクにもう乗らないということになり、バイク保険を解約するという場合には、解約書類を送ってもらう必要がありますから送ってもらって、保険料の方は、解約してから手数料を引いた額を返してくれます。

バイク保険は途中で契約中断することも可能で、せっかくの等級で保険料が変わりますますから、やめるよりも中断という形にしておけば、等級をそのまま引き継ぐことができて、再開した時に割引率はそのまま反映されることになり、バイク保険料を抑えることにつながります。

バイク保険の契約

バイク保険の規約についてですが、まずバイク保険の契約をする際には免許証とバイクの車検証を用意しましょう。そして、そこに書かれている必要事項をバイク保険に加入しようと考えている保険会社に言う必要があります。そしてバイク保険会社は、その情報を使って、バイク保険の見積もりを出してくれます。そのバイク保険の見積もりを見て、条件が自分に合っていれば加入契約をします。

後日契約書が届きますから、あとは記入して送り返せば完了です。保険料はそのあと支払うことになり、これでバイク保険の契約は完了したことになります。

インターネットからバイク保険に申し込む際には、郵送で契約書が送られてくるのではなくて、必要事項も自分で入力することになります。保険料の支払インターネットの場合にはクレジットカードで支払うことが一般的には多いです。

保険料は一括で支払うのか、月ごとに支払うのか二通りのパターンで支払うことになっています。1年に一回バイク保険の契約更新が御子安割れますから、一年分まとめて支払うか、毎月支払うか考えます。
バイク保険の契約手続きの流れとしてはこのような形になっていますが、それほど難しいこともなく、わからないことがあれば保険会社の人に尋ねれば大丈夫です。

バイク保険と弁護士

バイク保険の保障の中に示談交渉が入っているのかどうかは、対人賠償の時に保険会社が示談交渉を行ってくれることがありますから確認してみればすぐにわかります。

しかし示談交渉を保険会社が行ってくれないこともあります。バイク保険によって違っているのですが、自分が入っているバイク保険会社に支払い責任がない場合には、示談交渉は行えません。たとえば相手が一方的に悪くて、相手が100パーセント過失であるという場合にはバイク保険に入っていても被害者側は示談交渉できませんし、契約している人が負担している損害賠償の保険金の金額が、自賠責保険で十分な場合には、示談交渉してもらえません。

ではバイク保険に入っているのに、万が一事故にあったときに相手の保険会社と示談交渉をするのは本人ということになりますが、この場合めんどうですね。そんなときに便利なのが、バイク保険にある弁護士費用特約です。弁護士費用特約は、弁護士に支払う報酬や訴訟のお金、調停に使ったお金は法律相談にかかった費用もバイク保険の保険金として支払われるというものです。
これならバイク保険に加入していて、示談交
渉が不可能な場合でも安心して示談交渉を弁護士などに頼むことが可能です。

バイク保険のオンライン契約

バイク保険のオンライン契約はインターネットから手軽にバイク保険を申し込むことができるのですが、メリットとしては、やはり24時間自分の好きな時に自分の家でバイク保険の契約ができるというのがいいですね。今までのバイク保険といえば、申し込み書を郵送で送ってもらって、必要事項を記入して捺印して送り返してといった手続きが必要でしたが、インターネットのオンライン契約ならその手間が省くことができますからとても手軽です。

バイク保険をオンライン契約した場合には、保険料はどのようにして支払うのかというと、クレジットカードで支払うことができますからスムーズに契約が進みます。

しかしバイク保険によってはオンライン契約ができない人もいるのですが、排気量が2500ccを超えるバイクを新しく買って保険に入る人や車両保険をつけたいと思っている人、支払方法がクレジットカードは嫌な人というのはオンライ契約ができないと思いますら注意しましょう。

またバイク保険に入れない人というのは、フリート契約の人や、自賠責保険に入っていない人、改造バイクに乗っている人などは、バイク保険に加入すること自体できないケースもありますから十分注意しましょう。

バイク保険とインターネット

バイク保険は最近はインターネットでの契約が主流になりつつあります。インターネットでバイク保険に加入した場合には、普通に窓口や書類などでバイク保険に加入する場合よりも、割引されるところが多いです。やはりそれだけ申し込みの際の手間が省けますから、経費削減になり、それがバイク保険をインターネットで申し込む際の割引につながるのではないでしょうか。バイク保険をインターネットから申し込む際には、バイク保険オンライン契約ができる保険会社を選ぶといいですね。

たとえば、三井ダイレクトのバイク保険の場合には、保険料はインターネットで契約すれば3000円も割引してもらえますし、チューリッヒのバイク保険においては、インターネットから契約をすれば1000円保険料が安くなります。

富士火災のバイク保険の場合にはインターネットから1か月前の早期契約を行えば、3パーセントも割引きになりますから、同じ保険料を支払うバイク保険でもインターネットから申し込んだ方が、手軽で、しかも割引もたくさんしてもらえるのでお得ではないでしょうか。
これからバイク保険に加入しようと思っている人は、インターネットのオンライン契約でバイク保険に入ることをおすすめします。

バイク保険と必要書類

バイク保険に加入する際に必要な書類についてですが、バイク保険に加入する際、新車で加入する場合に、125cc以下のバイクの時には、販売証明書が必要です。125cc以上で250cc以下のサイズのバイクの場合には、売買契約書がいりますし、250cc以上のバイク保険の場合にも売買契約書の用意が必要です。今ご説明したのは新車でバイク保険に加入する場合ですが、もしも、すでに登録している中古のバイクでバイク保険に加入する場合には、標識交付証明書が必要です。125cc以上で250cc以下のバイクの場合には、車検証も用意しなければいけません。すべて共通のことといえば免許証も必要です。

バイク保険の契約をする場合には、今ご紹介したような書類がすべてそろっていない場合には、受付されませんからきちんと書類をそろえて持っていくことが必要です。

バイク保険には、標識交付証明書、軽自動車届出済証や車検証が必要で保険の契約者がいま紹介した書類の名義と同じなら、バイク保険の契約ができることもあります。
バイク保険の契約の際には印鑑も持っていくようにして、書類の不備の内容に注意しましょう。書類に不備があるとバイク保険に加入できなくなってしまいますから十分気をつけましょう。

バイク保険の普及率

バイク保険はどれくらい今普及しているのでしょうか。バイク保険の中でも自賠責保険は必ず加入しなければいけないことになっていますから100パーセントとしても、バイク保険の任意保険の普及率はどれくらいなのでしょうから。現在バイク保険の普及率は、対人賠償責任保険に加入している人は、全体の36.6パーセントということになっています。自動車保険の任意保険に加入している人の普及率というのは75パーセントを超えているといわれていますから、そうして考えてみるとバイク保険の普及率はとても低いことがわかるのではないでしょうか。

なぜバイク保険は普及率が低いのかというと、実は、保険会社はバイク保険をあまり販売したくないんですね。なぜなら、バイクでの事故はよくあることですから、バイク保険を販売すればそれだけ保険金を多く支払う可能性があるとしていますからあまり積極的には自動車保険や生命保険のように販売していないのです。

バイク保険をもっと全面的に販売すれば加入率ももっと増えていると思いますが、知らない人も多いようで、ですから、バイク事故というのは発生件数がそれだけ多い可能性があるということになりますから、逆にいえば、必ずバイク保険には加入しておかないといけないことになりますね。

バイク保険の特約

バイク保険にはいろいろな特約があります。バイク保険自体が自動車保険の特約であるという場合には、それ以上の特約というのはないのですが、バイク保険単品として加入している場合には、バイク保険には特約がありますから、加入しておくとさらに充実した補償を受けることができるようになります。バイク保険の特約にはたとえばどのようなものがあるのかというと、対物超過修理費特約や、他車運転危険保障特約、そして携行品担保特約などがあります。まず、バイク保険の対物超過修理費特約というのは、相手の車の修理をする際に修理費は自分が負担しなければいけない時に、保険金の範囲内で修理できずに自己負担金が発生する場合がありますが、このときの発生した差額も、特約に入っていればカバーしてもらえます。

そしてバイク保険の他車運転危険保障特約は、他の人の借りたバイクで事故をしてしまった場合に、バイクの保険を使わずに、運転している人の保険の使うことができる特約になっています。借りていたのに事故を起こして借りた人に迷惑をかからないようにするための保険です。
そしてバイク保険の携行品担保特約は、運転手の持ち物に対してかける保険で、たとえば、バイクを運転して出かけた際に雨でカバンの中身が濡れてデジカメや携帯が壊れた時などに保障してもらえる特約です。