バイク保険の契約

バイク保険の規約についてですが、まずバイク保険の契約をする際には免許証とバイクの車検証を用意しましょう。そして、そこに書かれている必要事項をバイク保険に加入しようと考えている保険会社に言う必要があります。そしてバイク保険会社は、その情報を使って、バイク保険の見積もりを出してくれます。そのバイク保険の見積もりを見て、条件が自分に合っていれば加入契約をします。

後日契約書が届きますから、あとは記入して送り返せば完了です。保険料はそのあと支払うことになり、これでバイク保険の契約は完了したことになります。

インターネットからバイク保険に申し込む際には、郵送で契約書が送られてくるのではなくて、必要事項も自分で入力することになります。保険料の支払インターネットの場合にはクレジットカードで支払うことが一般的には多いです。

保険料は一括で支払うのか、月ごとに支払うのか二通りのパターンで支払うことになっています。1年に一回バイク保険の契約更新が御子安割れますから、一年分まとめて支払うか、毎月支払うか考えます。
バイク保険の契約手続きの流れとしてはこのような形になっていますが、それほど難しいこともなく、わからないことがあれば保険会社の人に尋ねれば大丈夫です。

バイク保険と弁護士

バイク保険の保障の中に示談交渉が入っているのかどうかは、対人賠償の時に保険会社が示談交渉を行ってくれることがありますから確認してみればすぐにわかります。

しかし示談交渉を保険会社が行ってくれないこともあります。バイク保険によって違っているのですが、自分が入っているバイク保険会社に支払い責任がない場合には、示談交渉は行えません。たとえば相手が一方的に悪くて、相手が100パーセント過失であるという場合にはバイク保険に入っていても被害者側は示談交渉できませんし、契約している人が負担している損害賠償の保険金の金額が、自賠責保険で十分な場合には、示談交渉してもらえません。

ではバイク保険に入っているのに、万が一事故にあったときに相手の保険会社と示談交渉をするのは本人ということになりますが、この場合めんどうですね。そんなときに便利なのが、バイク保険にある弁護士費用特約です。弁護士費用特約は、弁護士に支払う報酬や訴訟のお金、調停に使ったお金は法律相談にかかった費用もバイク保険の保険金として支払われるというものです。
これならバイク保険に加入していて、示談交
渉が不可能な場合でも安心して示談交渉を弁護士などに頼むことが可能です。

バイク保険のオンライン契約

バイク保険のオンライン契約はインターネットから手軽にバイク保険を申し込むことができるのですが、メリットとしては、やはり24時間自分の好きな時に自分の家でバイク保険の契約ができるというのがいいですね。今までのバイク保険といえば、申し込み書を郵送で送ってもらって、必要事項を記入して捺印して送り返してといった手続きが必要でしたが、インターネットのオンライン契約ならその手間が省くことができますからとても手軽です。

バイク保険をオンライン契約した場合には、保険料はどのようにして支払うのかというと、クレジットカードで支払うことができますからスムーズに契約が進みます。

しかしバイク保険によってはオンライン契約ができない人もいるのですが、排気量が2500ccを超えるバイクを新しく買って保険に入る人や車両保険をつけたいと思っている人、支払方法がクレジットカードは嫌な人というのはオンライ契約ができないと思いますら注意しましょう。

またバイク保険に入れない人というのは、フリート契約の人や、自賠責保険に入っていない人、改造バイクに乗っている人などは、バイク保険に加入すること自体できないケースもありますから十分注意しましょう。

バイク保険とインターネット

バイク保険は最近はインターネットでの契約が主流になりつつあります。インターネットでバイク保険に加入した場合には、普通に窓口や書類などでバイク保険に加入する場合よりも、割引されるところが多いです。やはりそれだけ申し込みの際の手間が省けますから、経費削減になり、それがバイク保険をインターネットで申し込む際の割引につながるのではないでしょうか。バイク保険をインターネットから申し込む際には、バイク保険オンライン契約ができる保険会社を選ぶといいですね。

たとえば、三井ダイレクトのバイク保険の場合には、保険料はインターネットで契約すれば3000円も割引してもらえますし、チューリッヒのバイク保険においては、インターネットから契約をすれば1000円保険料が安くなります。

富士火災のバイク保険の場合にはインターネットから1か月前の早期契約を行えば、3パーセントも割引きになりますから、同じ保険料を支払うバイク保険でもインターネットから申し込んだ方が、手軽で、しかも割引もたくさんしてもらえるのでお得ではないでしょうか。
これからバイク保険に加入しようと思っている人は、インターネットのオンライン契約でバイク保険に入ることをおすすめします。

バイク保険と必要書類

バイク保険に加入する際に必要な書類についてですが、バイク保険に加入する際、新車で加入する場合に、125cc以下のバイクの時には、販売証明書が必要です。125cc以上で250cc以下のサイズのバイクの場合には、売買契約書がいりますし、250cc以上のバイク保険の場合にも売買契約書の用意が必要です。今ご説明したのは新車でバイク保険に加入する場合ですが、もしも、すでに登録している中古のバイクでバイク保険に加入する場合には、標識交付証明書が必要です。125cc以上で250cc以下のバイクの場合には、車検証も用意しなければいけません。すべて共通のことといえば免許証も必要です。

バイク保険の契約をする場合には、今ご紹介したような書類がすべてそろっていない場合には、受付されませんからきちんと書類をそろえて持っていくことが必要です。

バイク保険には、標識交付証明書、軽自動車届出済証や車検証が必要で保険の契約者がいま紹介した書類の名義と同じなら、バイク保険の契約ができることもあります。
バイク保険の契約の際には印鑑も持っていくようにして、書類の不備の内容に注意しましょう。書類に不備があるとバイク保険に加入できなくなってしまいますから十分気をつけましょう。

バイク保険の普及率

バイク保険はどれくらい今普及しているのでしょうか。バイク保険の中でも自賠責保険は必ず加入しなければいけないことになっていますから100パーセントとしても、バイク保険の任意保険の普及率はどれくらいなのでしょうから。現在バイク保険の普及率は、対人賠償責任保険に加入している人は、全体の36.6パーセントということになっています。自動車保険の任意保険に加入している人の普及率というのは75パーセントを超えているといわれていますから、そうして考えてみるとバイク保険の普及率はとても低いことがわかるのではないでしょうか。

なぜバイク保険は普及率が低いのかというと、実は、保険会社はバイク保険をあまり販売したくないんですね。なぜなら、バイクでの事故はよくあることですから、バイク保険を販売すればそれだけ保険金を多く支払う可能性があるとしていますからあまり積極的には自動車保険や生命保険のように販売していないのです。

バイク保険をもっと全面的に販売すれば加入率ももっと増えていると思いますが、知らない人も多いようで、ですから、バイク事故というのは発生件数がそれだけ多い可能性があるということになりますから、逆にいえば、必ずバイク保険には加入しておかないといけないことになりますね。

バイク保険の特約

バイク保険にはいろいろな特約があります。バイク保険自体が自動車保険の特約であるという場合には、それ以上の特約というのはないのですが、バイク保険単品として加入している場合には、バイク保険には特約がありますから、加入しておくとさらに充実した補償を受けることができるようになります。バイク保険の特約にはたとえばどのようなものがあるのかというと、対物超過修理費特約や、他車運転危険保障特約、そして携行品担保特約などがあります。まず、バイク保険の対物超過修理費特約というのは、相手の車の修理をする際に修理費は自分が負担しなければいけない時に、保険金の範囲内で修理できずに自己負担金が発生する場合がありますが、このときの発生した差額も、特約に入っていればカバーしてもらえます。

そしてバイク保険の他車運転危険保障特約は、他の人の借りたバイクで事故をしてしまった場合に、バイクの保険を使わずに、運転している人の保険の使うことができる特約になっています。借りていたのに事故を起こして借りた人に迷惑をかからないようにするための保険です。
そしてバイク保険の携行品担保特約は、運転手の持ち物に対してかける保険で、たとえば、バイクを運転して出かけた際に雨でカバンの中身が濡れてデジカメや携帯が壊れた時などに保障してもらえる特約です。

バイク保険の必要性

バイク保険は必要なのかと思っている人もいるかもしれませんが、自動車には自動車保険を必ずつけている人はいると思いますが、バイクも同じです。バイク保険の加入は決められている自賠責保険度、任意保険がありますが、自分は事故を起こさないという保障は全くありません。
ですから万が一バイクで事故をしてしまった場合に、相手がいたりした場合には、補償に必要なお金がいるのです。お金は大金で万が一死亡させてしまったりすれば、自分では負担できないような額のお金を支払わなくてはいけないことになりますから、その時にあわてなくていいようにするためにもバイク保険に加入しておくことが必要なのです。

バイク保険に加入しておけば、万が一何かあった場合にも保険会社の人が対処してくれますし、気になるお金の面についても負担が少なくて済みます。相手をバイクで事故に巻き込んでしまった場合には、けがの治療費だけで済めばいいのですが、仕事を休ませてしまったりすれば休業補償も支払わなくてはいけませんから、想像以上にお金がかかってしまいます。
万が一に備えてバイク保険は必ず入っておいた方がいいでしょう。バイク保険に加入していなければ万が一の時に困ります。

全労災のバイク保険

全労災のバイク保険に入ろうと思ったら全労災のマイカー共済に入っていることが条件になりますね。全労災のバイク保険は、全労災のマイカー共済の特約として付けられています。マイバイク特約として付けられているものですが、原付や125CC以下のバイクの場合には全労災のマイカー共済の特約としてマイバイク特約に加入することが可能です。全労災のバイク保険に入ろうと思ったらマイカー共済に入っていないといけないのですが、マイカー共済というのは、実はかなり保険料が安いことでも知られています。なぜ保険料が安いのかというと、対象になっている車がマイカーに限定されているので全労災のマイカー共済は安くて有名なのです。

マイカーを持っていてバイク保険に入りたいと思っている人は、マイカー共済のマイバイク特約に申し込むといいと思います。マイカー共済には色々と補償をセットして組み合わせて自分の保障に作り上げるのですが、バイク保険に入るにしても自動車保険に入るにしても、全労災の場合には、等級が6等級より下の人は加入できませんから、自分の等級を確認してから加入するようにしましょう。6等級以下の人の場合には、全労災のマイカー共済も、マイバイク特約も加入できません。

セブンイレブンのバイク保険

セブンイレブンのバイク保険についてですが、セブンイレブンではバイク保険に入ることが可能です。任意保険ではないのですが、バイク保険の自賠責保険に加入可能です。セブンイレブンで入れるバイク保険の対象になっているのは原付と、250cc以下の二輪自動車ということになっていますが250ccの場合には、車検なしの場合に限ります。この二種類のバイクならセブンイレブンのバイク保険に加入できます。バイクの自賠責保険に手軽にセブンイレブンで入れるというのは便利ですよね。

24時間セブンイレブンのマルチコピー機を使って入ることができて、レジですぐに自賠責保険料を支払うことができますし、ステッカーや証明書もすぐに受け取ることが可能です。

セブンイレブンでバイク保険に加入する際にネット予約で登録をしておけば、自宅でゆっくりと必要事項の入力もできます。自賠責保険はもしも入っていなかった場合には免許停止と懲役や罰金が科せられますから、自分の家の近くのコンビニから自賠責保険に加入できるというのはとてもうれしいですよね。
セブンイレブンの自賠責保険ならすぐに加入できてステッカーもその場でもらえるので期限が近づいている人でも安心です。

バイク保険の月払い

バイク保険の月払いというのは、バイク保険の保険料を月々で支払うことができるというものです。バイク保険は契約をした際に、支払をどのようにするのか選ぶことができます。たとえばバイク保険を年払いにするとか、バイク保険を半年払いにするということが可能ですし、今紹介したようにバイク保険を月払いにすることも可能ですが、バイク保険の月払いの場合には、もしかすると保険会社によっては、125cc以下のバイク保険の場合で保険料が2万円以下の場合などにおいては、バイク保険の月払いは行っておらず、一括払いか半年払いにしているところもあるかもしれませんので、バイク保険の支払回数についてはそれぞれのバイク保険会社に問い合わせしてみるのがいいかもしれませんね。

バイク保険の月払いにした場合には、毎月数千円でバイク保険の料金を支払うことができるのでいいかもしれませんね。バイク保険にこれから入りたいと思っている人は、契約をする際に、月払いにするのか年払いにするのか選ぶと思います。クレジットカード払いなども選択することができます。バイク保険を年払いにしておけば楽ですが、一度に大きな額を負担できない人は、バイク保険の月払いがいいでしょう。

バイク保険の搭乗者傷害保険

バイク保険の搭乗者傷害保険というのは何かというと、契約しているバイクに乗っている人がバイクの事故で怪我をした場合や死亡してしまった場合に、補償が適応になるというバイク保険です。バイク保険の中には搭乗者傷害保険がなく、人身傷害補償、無保険車傷害保険、自損事故保険だけになっているものもありますから、バイク保険料が安いからといって、保険内容を確認せずに契約をしてしまうと、よく補償内容を見てみたら、搭乗者傷害保険がなかったということもありますから十分に補償内容は確認したうえでバイク保険を選んだほうがいいのではないでしょうか。

バイク保険の搭乗者傷害保険を受ける人というのは、契約をしてるバイクに乗っている人で、支払われる倍保険の保険金は治療費だけでなく保険金額が決められていますから、それに基づいた額の保険金が支払われることになっています。
バイク保険の搭乗者傷害保険でカバーされないことというのは、故意によって事故を起こしたときや、レースやラリーなどの事故の場合にはバイク保険の搭乗者傷害保険は適応にならないことになっていますから注意しましょう。
バイク保険に入る際には、搭乗者傷害保険に加入しておくと安心です。

バイク保険の等級据え置き事故

バイク保険には、等級があります。6等級は割引きのない状態で、それからどんどん無事故が続けば割引率が上がるという仕組みになっています。バイク保険の等級据え置き事故というのは、一般的には、バイク保険に加入していて、バイクで事故を起こしてしまった場合には、等級が下がってしまうことになりますが、事故を起こしたとしても、バイク保険の適応になっても、等級が下がらない事故の場合もあります。

そのことをバイク保険の等級据え置き事故と呼んでいます。ですから次の年のノンフリート等級はまた同じ等級になるということです。

ではバイク保険で等級据え置き事故が適応されることはどのようなケースなのでしょうか。たとえば、火災や爆発になった場合、盗難にあった場合、台風の場合、落書きされた場合、何か落下物が衝突した場合などの事故の場合には、バイク保険を使ったとしても等級は下がりません。

バイク保険を利用する際には、事故すべてに利用するのではなくて、等級が下がって割引率がどれくらい一年間で下がり、どれくらいの保険料が割り増しになるのかということを計算して、そして事故で自己負担した場合のお金を計算してどちらがお得なのか考えてバイク保険を利用すればいいのです。

バイク保険を利用する

バイク保険に加入している人が万が一バイク保険を利用するような事態が起きてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。バイク保険の利用方法についてですが、バイク保険を使うためには、事故を起こしたことを警察に報告しなければいけません。もしも自分で事故を起こして自損事故になってしまった場合でも警察に報告しなければバイク保険は利用できません。バイク保険を利用するためには実況検分という警察が行うものが必要です。

バイク保険を利用する際には、事故の相手と示談交渉をしてはいけないことになっています。バイク保険を使うのであれば、バイク保険会社を通して示談交渉が進められます。バイク保険を使わないという場合には、示談交渉をしてもいいのですが、バイク保険を使うならあとは保険会社に任せましょう。事故を起こした直後に、警察を呼んだら、すぐにバイク保険に加入している保険会社へ連絡をしましょう。
そして万が一バイクが動かないなどでロードサービスが必要な場合には、そのことも伝えて、ロードサービスを申し込みましょう。バイク保険の保険金というのは、保険会社が話を進めていきますから、修理などに費用がかかる場合でも自分の一存で進めないで保険会社を通しましょう。

損保ジャパンのバイク保険

損保ジャパンのバイク保険は、万が一の事故に備える保険としてはいいと思いますね。損保ジャパンのバイク保険の基本的な補償としては、どのようなものがあるのかというと、契約しているバイクや二輪を運転している時に事故にあったときなどに保険金を支払ってもらえる対人賠償保険と対物賠償保険がついています。また相手やものに対してだけに限らず、自分にも補償がついていますが、搭乗者傷害保険も損保ジャパンのバイク保険にはついています。損保ジャパンのバイク保険はだいたいいくらくらいの保険料になるのかというと、対人対物無制限の保証で搭乗者傷害が五〇〇〇〇〇〇円の場合には、毎月支払う形にすると、原付の損保ジャパンのバイク保険の場合で3900円になりますし、二輪の125cc以上の場合には8970円という価格になっています。これは全年齢担保になっていますから年齢を21歳担保にすればもう少し保険料が安くなります。

損保ジャパンのバイク保険のパンフレットはインターネットからも見ることが可能ですし、他にも直接損保ジャパンのカスタマーセンターや代理店に連絡を入れて、損保ジャパンのバイク保険についての問い合わせをするというのも可能ですから問い合わせしてみるといいかもしれません。